読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南から吹く風は


たしか


メリ−・ポピンズを運んでくるんだよね。

そしてあの人は

次の北風が吹くまで、子供たちのそばにいるんだよね。


あの人は ツバメ みたいな人なのだ。

などと、春一番が吹いたらしい午後に、そう思った。