読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰も言ってないと思うけど

ふと思った。『1Q84』の青豆 と 『ミレニアム』のリスペット・サランデルは人物設定が似ている。

ちなみに『1Q84』の天吾と『ミレニアム』のミヒャエルも似てる。
片や作家で片や編集者だけど。
トラブルに巻き込まれながら、消えた少女の行方を追い、謎に包まれた「組織」のベールを暴いて行く、という物語もなんとなく似ている。
1Q84』も『ミレニアム』も、女性への暴力に断固たる「否!」を唱えている。そういうテーマ性も似ている。こちらは宗教団体、あちらは公安警察だけど、司法が中々手を出せない闇に切り込む主人公、というところが似ている。
天吾にもミヒャエルにも同じような感じで人妻のSEX FRIEND がいるし、青豆もリスペットも同性愛者だし、腕を見込まれてとある組織に招かれる。そこで彼女たちをガードする屈強な男もいる。
で、それぞれこのヒーローとヒロインが離れた場所にいながらタッグを組む展開も似ている。

盗作って言いたいんじゃなくて、スウェーデンの大ベストセラーと日本の大ベストセラーが「似た感じの人物を造形している」ってところが興味深いなって思った。