ありがとう、マイケル・クライトンさん

数々の冒険とサスペンスと知的興奮と、最新科学情報の提供と、物語を突っ走らせて行く構成力のお手本を

どうもありがとうございました。

そして

お疲れ様でした。