読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思えば子供の時からずっと……

海外ドラマばかり見ていた。

アイラブ・ルーシー(ルーシー・ショー)

f:id:hero-to-sea:20140410113445j:plain

 

名犬ラッシー

 

f:id:hero-to-sea:20140410113600j:plain

 

ミステリーゾーン

 

f:id:hero-to-sea:20140410113710j:plain

 

ヒッチコック劇場

 

f:id:hero-to-sea:20140410113821j:plain

 

オーソン・ウェルズ劇場

f:id:hero-to-sea:20110507221335j:plain

 

四次元への招待

f:id:hero-to-sea:20140410114126j:plain

 

コンバット

 

f:id:hero-to-sea:20140410114239j:plain

 

バットマン

f:id:hero-to-sea:20140410114345j:plain

 

スーパーマン

f:id:hero-to-sea:20140410114558j:plain

 

アウターリミッツ

 

f:id:hero-to-sea:20140410114718j:plain

 

奥様は魔女

 

f:id:hero-to-sea:20140410114821j:plain

 

宇宙家族ロビンソン

 

f:id:hero-to-sea:20140410114928j:plain

 

スパイ大作戦

 

f:id:hero-to-sea:20140410115032j:plain

 

ハッピーデイズ

 

f:id:hero-to-sea:20140410115134j:plain

 

アダム12

 

f:id:hero-to-sea:20140410115234j:plain

 

わんぱくフリッパー

 

f:id:hero-to-sea:20140410115332j:plain

 

名犬ロンドン

 

f:id:hero-to-sea:20140410115547j:plain

 

宇宙大作戦

 

f:id:hero-to-sea:20140410115705j:plain

 

刑事コロンボ

 

f:id:hero-to-sea:20140410115802j:plain

 

刑事コジャック

 

f:id:hero-to-sea:20140410115908j:plain

 

鬼警部アイアンサイド

 

f:id:hero-to-sea:20140410120019j:plain

 

警部マクロード

 

f:id:hero-to-sea:20140410120123j:plain

 

事件記者コルチャック

 

f:id:hero-to-sea:20140410120220j:plain

 

大草原の小さな家

 

f:id:hero-to-sea:20140410120320j:plain

 

人気家族パートリッジ

 

f:id:hero-to-sea:20140410120434j:plain

 

ルーツ

 

f:id:hero-to-sea:20140410120702j:plain

 

SHOUGUN

 

f:id:hero-to-sea:20140410120827j:plain

 

刑事バレッタ

 

f:id:hero-to-sea:20140410120929j:plain

 

チャーリーズ・エンジェル

 

f:id:hero-to-sea:20140410121048j:plain

 

特攻Aチーム

 

f:id:hero-to-sea:20140410121150j:plain

 

ワンダーウーマン

 

f:id:hero-to-sea:20140410121304j:plain

 

バイオニック・ジェミー

 

f:id:hero-to-sea:20140410121426j:plain

 

600万ドルの男

 

f:id:hero-to-sea:20140410124025j:plain

 

私立探偵マグナム

 

f:id:hero-to-sea:20140410131208j:plain

 

ジェシカおばさんの事件簿

 

f:id:hero-to-sea:20140410131330j:plain

 

スタスキー&ハッチ

 

f:id:hero-to-sea:20140410131437j:plain

 

マイアミ・バイス

 

f:id:hero-to-sea:20090303214022j:plain

 

俺がハマーだ!

 

f:id:hero-to-sea:20140410131719j:plain

 

冒険野郎マクガイバー

 

f:id:hero-to-sea:20140410131840j:plain

 

ファミリータイズ

 

f:id:hero-to-sea:20140410131943j:plain

 

世にも不思議なアメージングストーリー

 

f:id:hero-to-sea:20140410132051j:plain

 

こちらブルームーン探偵社

 

f:id:hero-to-sea:20140410132151j:plain

 

ツインピークス

 

f:id:hero-to-sea:20140410132300j:plain

 

Xファイル

 

f:id:hero-to-sea:20140410132411j:plain

 

ER

 

f:id:hero-to-sea:20140410132517j:plain

 

フレンズ

 

f:id:hero-to-sea:20140410132614j:plain

 

アリーMy LOVE

 

f:id:hero-to-sea:20140410132718j:plain

 

ザ・ソプラノズ

 

f:id:hero-to-sea:20140410132828j:plain

 

 

フルハウス

 

f:id:hero-to-sea:20140410132934j:plain

 

ビバリーヒルズ青春白書

 

f:id:hero-to-sea:20140410133324j:plain

 

ロズウェル 星の恋人たち

 

f:id:hero-to-sea:20140410133444j:plain

 

フェリシティーの青春

 

f:id:hero-to-sea:20140410133643j:plain

 

ドーゾンズ・クリーク

 

f:id:hero-to-sea:20140410133749j:plain

 

LOST

 

f:id:hero-to-sea:20140410133045j:plain

 

 

以下、ドドドッと現在オンエア中のものたちへと、途切れることなく延々とリストは続いていくし、このリストに入ってないけど、言われれば「ああ、見てたなあ」というのもいっぱいある。

こうやって、生涯にわたってずっと海外ドラマを見続けてきて、その間に日本のドラマやアニメもいろいろ見てて、最近日本のドラマと海外ドラマのクオリティーの違いが歴然となってきていることに戸惑っているのです。

昔は海外ドラマも日本のドラマも区別なく楽しむことが出来た。

倉本聰山田太一市川森一早坂暁向田邦子松木ひろし佐々木守鎌田敏夫……。

そんなビッグネームさんたちが書く物語は海外ドラマで笑ったり泣いたりしているのと同じように笑って泣けるいいドラマばかりだった。

役者さんたちも個性的で魅力的で素敵だった。

 

けれど、いまたとえばデンマークのドラマ

キリング

なんかと較べても、明らかに見劣りするドラマが多い。デンマークとかスウェーデンとか、あるいはイギリスとか、予算面ではたとえ国からの補助があるとは言っても、日本の大企業がスポンサーについてるドラマと比べて、さして制作費に違いがあるとは思えない。

ようは見る側が「クォリティー」を要求しているのかどうか、なのだろう。三方向にしか壁がなく天井もないセットで舞台劇のように独り言を言っているCMで人気の役者さんを見ているだけで良いのだと思っていると、そういうものしか作る側も流さなくなる。

もちろんテレビはただで見るもの、として受信料すら払いたくない人たちだから、はじめからクォリティーなんか求めてはいないのかもしれないけれど。

でも、いまの大河ドラマ、あれを小説で読んだとしたらえらくつまらないだろうね。説明ばかりでドラマがまるで描かれないから。

いまの朝ドラにしても、夜、外国の先生が歌う声が聞こえてきたなら、そこからバアっとイメージの翼が広がっていかなきゃ赤毛のアンをモチーフにしてる意味が無いじゃないの。

もっともっとテレビドラマは魅力的になるはず。だから見る側も、もっともっと質のいいものを見せてくれと言い続けたほうがいい。

昨日、ご紹介したグーグル歴史アーカイブ

こちらがTOPページでした。

 

宝塚の 手塚治虫記念館の中を歩けるストリート・ビューもありますよ。

 

楽しんでくださいね。

 

ww.google.com/culturalinstitute/collection/tezuka-osamu

今日はアトムの誕生日、というわけで

こういったものがオープンしました。

グーグル歴史アーカイブ

というネット上の美術館(展覧会)に「手塚治虫」というカテゴリーが創設されたんです。

 

で、ワタクシ、構成とテキストを担当させてもらいました。

よかったら、バーチャル展覧会に足を運んでみてください。

 

TVアニメ黎明編 では手塚治虫の初期の実験短編アニメもご覧いただけますよん。

 

出来上がったものを見ると、やっぱり動く映像があると、こういったものは楽しいですね。

 

http://www.google.com/culturalinstitute/exhibit/%E6%89%8B%E5%A1%9A%E6%B2%BB%E8%99%AB%E3%80%80%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BB%E9%BB%8E%E6%98%8E%E7%B7%A8/ARJM85Ru?position=0%2C7&hl=ja

NANGKING AWARD

NangKing・アワード という賞を創設したらどうだろう。

 

ネットやSNSでこれだけ映画批評をする人たちがいるのだから、

そういう書き込みもまた作品であるとして、ちゃんと賞を与えたりするのはどうだろう。

 

というただの思いつきです。

f:id:hero-to-sea:20140406205754j:plain

 

 

ON THE AIR

4月9日、22時から

江ノ島プリズム

東映チャンネルにて

オンエアされます。

 

ご視聴環境にある方はよろしくお願いします。

 

 

f:id:hero-to-sea:20140402125803j:plain

2013年の、ありがとう!

監禁探偵 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111032j:plain

 

生贄のジレンマ 上 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111138j:plain

 

生贄のジレンマ 中 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111224j:plain

 

生贄のジレンマ 下 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111305j:plain

 

 

江ノ島プリズム から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111715j:plain

 

怪奇大作戦ミステリーファイル・ノベライズ から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111352j:plain

 

怪奇大作戦・ミステリーファイル 第一話 血の玉 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111453j:plain

 

怪奇大作戦・ミステリーファイル 第四話 深淵を覗く者 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131231111545j:plain

 

Y・O・U やまびこ音楽同好会 から、ありがとう。

f:id:hero-to-sea:20131207155604j:plain

 

 

どの作品も素敵な思い出に彩られています。

ありがとうございます。

そして

ご覧いただいたり、店頭でお手にとってくださったりした皆様、ありがとうございます。

みなさまの思い出に残る作品があったなら、幸せです。

 

Thank you for everything.

 

GRAVITY

GRAVITY

 

を3D-IMAXで見る。

日本語タイトルは

ゼロをつけて、無重力、という意味にしてますけど、これはやはり、ゼロがつかないグラビティーのほうが内容にあってる。

 

GRAVITY には重大な局面、みたいな意味もありますし。

だから、のっぴきならない! ってタイトルでもあるわけですよね、本来は。

とはいえ、無重力世界で展開するから撮影はそれだけで大変なのに、延々と長回しで撮ったり、絵画的構図でピタリと人物を画面に収めたり、小ネタを浮遊させたりと。キュアロン節も全開。

「君はいったい何をやらかしたんだ?」

スピルバーグに言われたりもしたらしいね。

素晴らしいです。

そんな、GRAVITY ですが、

 

これは、生きる、ということの重さ、命の重力を描く映画です。

 

以下、もしかしたらネタバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OK?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の体の重さに気づいて微笑むヒロイン、というのは映画史上初かもね。あたし、重いわ! 素敵! って感じ。

 

 

f:id:hero-to-sea:20131213172430j:plain